【時短家電】はじめてのロボット掃除機レビュー【アンカー eufy(ユーフィ)robovac11s】

ライフハック
スポンサーリンク

アンカー eufy(ユーフィ)robovac11sロボット掃除機を使ったら人生変わった

こんにちは、

マネジメントで未来をちょっと良くするアドバイザーのいちです。

サラリーマンのみなさんそうだと思うのですが、わたしもめっちゃいそがしく掃除機をかける余裕はありません。

週末に掃除機をかける時も騒音で音楽も聞けないし、めんどくさいし正直そうじは嫌いでした。

ですがeufy(ユーフィ)robovac11sを買ったら掃除機をかける行為が時短でき、今はホント人生が変わるほど楽です。

あなたにもロボット掃除機のすばらしさを伝えるため本気でこの記事を書いています。

ロボット掃除機を買いたいんですが結局どの機種がいいんですか?

もし友達にこう聞かれたら、わたしは『eufy robovac 11s』を紹介します。

ロボット掃除機としては安い約2万円以下の価格帯としては高性能です。

eufyはバッテリーなどで有名なアンカー社の商品なので、

  • 大手家電メーカーなので安心
  • バッテリーを作っているメーカーなのでバッテリー品質が安心

ロボット掃除機のメリットデメリット、迷うポイント、機種の比較まで徹底的に解説していきます。

わたしの家では購入した 『eufy robovac 11s』 に名前をつけてかわいがっています。

では解説してきます!が最初はロボット掃除機自体について説明していくので必要ない方は飛ばして次の選び方から見てみてください。

現代の時短家電三種の神器ガジェット 【ロボット掃除機】

現代の時短家電三種の神器とは、『乾燥機付き洗濯機』『食器洗い乾燥機』『ロボット掃除機』です。

どの家電も家事の時間を大幅に短縮してくれます。

あなたが家事好きで、家事をしたらストレスが解消できるとかじゃない限り家事を時短しない理由がありません。

この記事をロボット掃除機を選ぶ際の参考にしていただければと思います。

メリット

ロボット掃除機を導入したメリットをまとめました。

  • 掃除の時間に他の事ができる
  • 掃除の頻度が上がりきれいになった
  • ロボット掃除機のために部屋が整理整頓された

ロボット掃除機の導入による最大のメリットは、掃除の自動化です。

今まで週に2時間ほど使っていた掃除機がほぼ0に(部屋の角などはたまに掃除機をかけます)なりました。

また自動化になったおかげで床にゴミが落ちていたらロボット掃除機を起動したり、タイマーで掃除させたりと掃除頻度がかなり上がりました。

掃除機をかけている時間ってなにもできない(音楽も聴けない)ので本当にムダだって思っていたので、自動化はかなり時間を生み出してくれていると実感しています。

それと、

隠れたメリットがロボット掃除機が掃除しやすい部屋を作らざる得ない状態になることで部屋が片付いたことです。

ロボット掃除機は床に物やコードがあると巻き込んでしまうので次第に床にものがない部屋が完成します。

床に物がなく、コードもすっきりしまってある部屋って多くの人の理想じゃないでしょうか?

ロボット掃除機に合わせていくとそんな部屋を手に入れることができます。

デメリット

ロボット掃除機ならではのデメリットも存在しますので紹介していきますね。

部屋で飼う動物と相性が悪い

動物とロボット掃除機の相性については、音とトイレの2つの問題があります。

どちらも重要な問題なので動物を飼っている方は参考にしていただければと思います。

【動物】音の問題

動物によっては音に敏感な種類、個体が存在します。

相性を確かめてみた方がいいかもです。

気軽に相性をチェックできて、合わなかったら返せるレンタルがオススメです。

【動物】トイレの問題

ごくまれに部屋でしてしまったうんちをロボット掃除機が踏んで拡げてしまうトラブルが発生するようです。

考えるだけでゾッとしますね。

ネコや犬を飼っている人は対策が必要です。

対策としては、

  • ロボット掃除機の使用時はペットをケージに入れる
  • 部屋を点検してからロボット掃除機をかける

ルンバの最新機種には、トイレ回避機能の導入が検討されているそうですので上記がめんどくさい人は要チェックです。

欧米で発売されているルンバj7+のAIにはうんち回避を学習させているそうで、日本では2022年発売予定です。

犬、猫を飼っている人には結構必須なように感じます。わたしならうんちまみれの部屋とルンバを見たら速攻、家事代行に相談します。

1時間2,409円(税込)〜の家事代行サービスCaSy


【追記】22年2月10日から日本でもi7シリーズが買えるようになりました。

正直ペットがいたらこの機種が間違いないと思います。

 

掃除機の掃除が必要

ん?どういうこと?ってなった人のために解説していきます。

ロボット掃除機のダストボックスはゴミがたまるところで結構汚れますので掃除が必要です。

メーカー推奨では1回の掃除ごとにダストボックスのゴミを捨てる必要があります。

実際に1回のそうじで結構取れますので必須かなと思います。

ダストボックスの掃除がめんどくさいという人には、ルンバのハイエンド機(ミドルグレード以上)がオススメです。

掃除後のゴミを自動で回収してくれるので日々の収集がかなり軽減されます。

予算が潤沢にあるなら自動回収を購入したほうが断然楽だと思います。

ですが、いきなり導入は合う合わないがありますので、

  • エントリーグレードで試してからハイエンドに買い替える
  • レンタルで試してみる

ことをお勧めします。

また、フィルターや回転ブラシなども掃除が必要にならます。

基本的には普通の掃除機でも発生する手間ですが、完全自動と思い込んでいる人には注意が必要です。

下にメンテナンス一覧表を載せますので参考にしてみてください。

騒音

掃除機を夜にかけると騒音の問題が起きる可能性があります。

特に小さなお子さんがいるお家が近所にあると注意が必要です。

その点ロボット掃除機はその場にいなくても掃除ができますし、タイマー機能で昼に掃除機をかけるなどができるので夜をさけることができるのがメリットとなります。

ロボット掃除機の騒音デメリットは、音よりも『時間』と『衝撃音』になります。

  • 広い部屋を掃除すると掃除時間が長くなり問題になりやすいです。
  • 段差が多い家を掃除していると乗り越えや降りる際の衝撃音が出やすいです。
    衝撃音は振動が伝わるので階下などに響きやすいので注意。

掃除時間の設定や段差を減らすことで対応できますので、臨機応変に対応しましょう。

最新機種は壁にぶつかる(無限ノック)をすることは少なくなっているようです。

Eufy RoboVac 11Cは静音設計になっているそうなので実際に使ってもかなり静かに感じます。

人がうるさいと感じる音量は50dB(静かな事務所くらい)からと言われているので参考にしてみてください。

音量
eufy robovac11s55~65dB
ルンバ64350~60dB

Eufy RoboVac 11Cはルンバより静かというクチコミが結構あるので、古いルンバよりは静音性能が高いと思います。

【結論】ロボット掃除機のメリット・デメリットまとめ

   メリット   デメリット
時間短縮動物との相性
掃除の自動化ロボット掃除機の掃除
掃除頻度の向上騒音
部屋が片付く

掃除機の掃除、部屋の模様替えが必要などありますが、ロボット掃除機に合わせられる人はかなりの時間を節約できます。

掃除により部屋がきれいになり、掃除しやすくなるために部屋がきれいになる、ダブル効果が期待できます。

ロボット掃除機の掃除時トラブル事例を紹介

参考までに事故事例とわたしの家でのトラブル事例を紹介していきます。

購入する際の参考にしてもらえればと思います。

どすこい事故が起こる

最初に家電に求められることは、安全安心に使えるかです。

ロボット掃除機も単体で使うときは問題ありませんが組み合わせることで大きな問題が起こることがあります。

床に軽いヒーターがあると押して可燃物にぶつけ、火事になる事故が起きています。

ヒーターの配置は十分に注意してください。

段差から落ちる

玄関にチラシを置いておいたらチラシと共に落ちました。

ダンボールの時も一緒に落ちました。

チラシをブラシで押してしまい、せり出したチラシを床と認識したみたいです。

玄関の床にはなにも置かない方がいい(当たり前)ということがわかりました。

でも、なにもなければ本体が落ちることは今まで1回もありません。

センサーがしっかり反応している証拠ですね。

ヒモ、ケーブルを巻き込み

スマホの充電ケーブルを絡め取ります。

しょうがないので、 床にはなにも置かない方がいい(当たり前)ということがわかりました。

不在時の掃除中だと直してあげられないので掃除の際は先に部屋を見渡してから掃除開始するといいと思います。

ラグ、カーペットをめくる

毛が長いラグは使用しないようにと取扱説明書に書いているのでロボット掃除機が入ってこないようにする必要があります。

またわたしの家では、ホットカーペット用の敷物(毛はないタイプ)があるのですが角をめくってしまい、そこだけ傷んでしまいました。

今は敷物がめくれないように固定してめくれを防止しています。

見た目はちょっと悪いですが、汚れも入らないので掃除も簡単になります。

Eufy RoboVac 11Cお手入れ方法(メンテナンス)について

お手入れ方法(メンテナンス)については、取説を参考に解説していきます。

掃除頻度交換頻度
ダストボックス毎回
フィルター週に1回2ヵ月に1回
メイン回転ブラシ週に1回6-12か月ごと  
サイド(回転)ブラシ  1ヵ月に1回  3-6か月ごと
裏側センサー1ヵ月に1回
充電端子1ヵ月に1回
回転ホイール1ヵ月に1回

わたしの家では1ヵ月に1回、フィルターとメイン回転ブラシ、サイド回転ブラシの掃除をしています。

フィルターを外して掃除機がけ、メイン回転ブラシの髪の毛をハサミで切っています。

今までの掃除機もフィルター掃除などがあったのでそんなに手間が増えたようには感じていません。

分解が簡単なのでストレスフリーです。

サイド回転ブラシは、アマゾンレビューで弱いと書かれていましたがこんな感じです(3ヶ月使用後の写真)

確かに使い始めてからすぐにクセがついたのですがそれ以降は特に変化はありません。

左右で逆にクセがついていたので交換してみました。

なにか変化があれば追記しますね。

交換用パーツについて

Amazonで2000円くらいで売っているので簡単、安心です。

以前、東○の掃除機パーツを購入しようと思い、わざわざ日中にカスタマーセンターに電話までしたのに廃盤で購入できなかったことがありました。

アマゾンで完結しているのが楽だし迷う必要ないのがいいところです。

eufyrobovac11s 取り扱い説明書

eufyrobovac11s 取り扱い説明書 はウェブで見ることができます。

なので紙の取説をいちいち出してくる必要がありません、楽です。

リンク

eufyの選び方徹底解説(11Sと15TとX8を比較)

エントリーグレード ミドルグレード ハイエンドグレード
型番RoboVac 11SRoboVac 15TRoboVac X8 Hybrid
吸引力1300pa1300pa4000pa
駆動時間100分100分180分
マッピング××
進入禁止××
違いベーシックWi-Fi操作吸引+水拭き
値段18,800円21,800円59,800円
わたしが買ったのがこれ機能と価格のバランス◎ここまではいらないかも

わたしはエントリーグレードの『 RoboVac 11S 』を買いました。

理由としては15CはWi-Fi操作ができるのですが、

  • Wi-Fi操作 使うかわからなかった
  • Wi-Fi操作 が付く代わりにリモコンが付かないらしい
  • 買ったらすぐに使いたい性格
  • なるべく安く導入したかった

ため11Sを選びました。

ロボット掃除機は初めてって人はまずはRoboVac 11Sを試してみてはどうでしょうか?

逆に予算に余裕がある人は、少し高くても自動収集機能がある商品が絶対オススメです。

毎回必要なダストボックスからゴミを捨てる作業が必要なくなります。

ペットがいる人は、うんち回避AI搭載のi7シリーズがオススメです。

アンカーeufyとルンバのエントリーグレードを比較

アンカー ルンバ 
型番RoboVac 11S692
吸引力1300pa1倍
駆動時間100分90分
マッピング××
進入禁止××
違いベーシックWi-Fi操作
値段18,800円29,800円
わたしが買ったのがこれ買う時比較したのがこれ

ルンバとの比較は、3点見ていきました。

  1. 値段
  2. 吸引力
  3. Wi-Fi操作

その結果、値段で圧勝したアンカーに決めました。

最初なので合うかどうか分からなかったのでなるべく安く試そうと思ったのが大きかったです。

吸引力は比較できないし、Wi-Fi操作は動かしたら一緒かなと割りきりました。

結果、大満足しているので、3ヶ月たった今もこの判断に間違いはなかったと思います。

アンカーユーフィのクチコミ

1万円以上もする買い物なのでクチコミは確認したいところですよね。

Twitterでユーフィ仲間のクチコミを探して見ました

いろいろな意見がありますね。

↓robovac11sについてです。

↓エントリーグレードの中でもミドル寄りのG10です。

水拭き機能がついています。

↓ハイエンドのL70シリーズですね。

さすがのレーザーセンサー搭載で賢そう。

んー中々いろいろな意見がありますね。

次はアマゾンのレビューを確認していきましょう。

Amazonでアンカー eufy(ユーフィ)robovac11sのレビューを確認して見ました

eufyrobovac11s のレビューをアマゾンで確認したところ、なんと★4.5(2022年2月1日現在)

項目別に分かれていたのでそれによると、

 評価 
お買い得4.7
吸引力4.3
毛の掃除力4.2
リモコン操作  4.2
タイマー機能4.0
Alexa対応3.4

しかもレビューが5573件もついている!

★564%3566件
★426%1448件
★36%334件
★22%111件
★13%167件

内訳はこんな感じ↑となっていました。

★5が圧倒的に多いですね。

内容を読み込んだのでまとめていきます。

アマゾンレビューまとめ

①いい点

  • ロボット掃除機すごい!
  • 十分な能力あり
  • 愛着がわく
  • 動物の毛の掃除が圧倒的に楽になった
  • 音が静か
  • サポートセンターの対応がいい

②悪い点

  • 故障が多い
  • サポートセンターの対応が悪い
  • 固いゴミをサイドブラシで飛ばしてしまう
  • 勝手に動き出す
  • 2年ほどで壊れてしまった

まとめていくと、ロボット掃除機初心者は感動している様子。

能力も必要最低限はあり、マップ機能がないところがちょっとおバカで愛せるキャラ。

悪い点の故障が多い件は、サポートセンターに相談するとかなり早い対応をしてくれるが対応者によって対応に差があるみたい。

故障は交換対応がメインのようなのでとりあえずなにかあれば問い合わせがいいみたいです。

いい評価約5000件に対して悪い評価300件弱なので一定数の外れがあるみたい。

ちなみにうちの子は3か月たちましたが元気に稼働しています。

Wi-Fi連動(スマート家電化)

スマート家電化とは、『OKグーグル、掃除を開始して』とかで掃除を開始してくれる家電の使用方法です。

音声で起動できるのでいちいち動かなくていいのでラクチンです。

ですが調べてみましたら、 eufyrobovac11s を簡単にスマート家電化する方法はないみたいです。

やる方法としては難しそうですが、スマート家電の音声認識ユニットにリモコンの命令情報を読み込ませて登録する方法があるようです。

わたしは難しくてよくわからなかったのですが詳しくは↓の動画を見てみてください。

動画

簡単にスマート家電化したいなら上位機種を購入したほうがいいみたいです。

1つ上の機種にするだけでスマホのアプリから操作が可能になります。

※代わりにリモコンが付かない機種もあるみたいなので注意が必要です。

でもAlexa(アレクサ)との連携をすれば、「Alexa、ロボバックを使って、掃除をして」と言うだけで掃除を開始できるのはかなり魅力的です。

Alexa

eufy robovac11s お得な買い方

まさかの価格.comに公式ショップしか登録されていませんでした。

しかも大手家電メーカーのネット通販サイトでは取り扱いがない状態でした。

ケーズデンキ 取り扱いなし
ヨドバシ.COM  ハイエンドのみ取り扱い
ヤマダ電機 取り扱いなし

大手家電メーカーでは取り扱いなし

ということで、購入できるのは公式ショップか Amazon か 楽天 のほぼ公式ショップということが分かりました。

正直ほぼ公式ショップなのでどこでも変わらないので、オススメはAmazonです。

メーカー対応の時にも購入番号を入力するだけで対応できるので、スマホで情報が完結するのでとてもラクチンです。

比較表

Amazon17,800円  クーポンあり
 ただし黒は+1000円
楽天市場18,800円 ポイント還元あり

Amazon

楽天 ・ ヤフーショッピング

ロボット掃除機を買おうか迷っている人へ

ロボット掃除機を購入しようか迷っている方はこう考えてはどうでしょうか?

  • 2万円でロボット掃除機を体験してみる(体験を買う)
  • 2万円で掃除を代わりにやってくれるロボットを雇う(掃除を外注する)

時給1000円と換算すると20時間で元が取れます。

わたしの場合は週に2時間掃除をしていたので3か月弱で元が取れる計算になります。
(2時間×4週×1000円=8000円/月)

ですが、実際にはボタンを押すだけで掃除できる気軽さから、毎週5時間ほど掃除をしてもらっているので1ヵ月で元が取れている感じになっています。
( 5時間×4週×1000円=20,000円/月 )

それでも迷う人は、お試しでレンタルしてみるのはどうでしょう?

レンタルなら気兼ねなく使えるし、自分にあっているかも確認できるのでオススメです。

まとめ

今回はアンカーのロボット掃除機 について徹底解説させていただきました。

結果、人生が変わるほど掃除が楽になる神器であることが分かりました。

ロボット掃除機に人生変わったポイント
  • 掃除機をかける時間がほぼ0に
  • 掃除頻度が上がり部屋がきれいになる
  • 床に物やコードがなくなる
  • 掃除が楽になった

11Sの欠点を書いてなかったので最後になってしまいましたが書いていきます。

ユーフィちょっと残念なところ
  • 黒の値段が1000円高い
  • 黒は汚れが目立つ

欠点としては、なぜかカラーによって値段が違い、黒がなぜか1000円高いんです。

しかも、黒は結構汚れが目立ちます。

でも白でそろえている人は問題ないと思います。

黒はかっこいいのでオススメです、でもこだわりがなければ白でいいと思います。

結論

アンカー eufy(ユーフィ)robovac11sは安価で必要な機能がついているので初心者にはオススメです。

ペットを飼っている人は

ペットのうんち回避機能があるルンバi7がオススメです。

お金で時間を買いたい人は

ルンバの自動ゴミ収集機がついているタイプがゴミを片付ける手間がかなり(毎日➡毎月の1/30)削減できてオススメです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事があなたのお役にたったなら幸いです。

ご質問がある方は、お問い合わせ か twitter にて質問お待ちしてます。

関連記事: 時短家電の三種の神器を集めています。

時短家電三種の神器【食器洗い機】の購入レビューについてはこちら
パナソニック NP-TCM4-W を徹底解説していくよ。

タイトルとURLをコピーしました