今からでも遅くない楽天経済圏への移住して○万円トクする方法

ライフハック

【2021年最新版】今からでも遅くない楽天経済圏へ移住して○万円以上トクする方法

マネジメントで未来をちょっと良くするアドバイザーのいちです。

わたしは改悪が叫ばれる2021年7月に楽天経済圏へ移住を開始しました。

改悪があっても楽天経済圏は魅力的だと思ったので今回みなさんに紹介したいと思います。

この記事はこんな人に向けて書いています。

楽天経済圏へお得に入りたい。

楽天経済圏ってなに?

毎月の生活が苦しいので節約したい。

どれくらいお得になるの?

楽天経済圏がおトクって聞いたけど、実際どうなの?

って質問に答えていきます。

結論、楽天経済圏はめっちゃおトクです。

楽天経済圏に入るだけで20,000ポイントくらい(2万円相当)をもらえます。時期によってはもっともらえることも!

しかも、毎月の買い物を楽天にするだけで(無駄使いするわけではなく)ポイントがたまります。

買い方によっては10%以上ポイントが付くので、1万円の買い物で1,000ポイントとなにもしないより圧倒的な差ができます。

だれでも毎月1万円分くらいの購入を楽天へ移行させることはできると思います。

そうすると、

楽天経済圏への移住で2万ポイント。

毎月の買い物で1000ポイント、年間で1万ポイント。

楽天証券や楽天モバイルなどで1万ポイント

合計4万ポイントくらいもらうことができます。結構大きいですよね。

たまったポイントは携帯代にしたり、電気代にしたり、投資できたりと使い道もあり、しかも自動引き落とし設定可能で無駄になりにくいです。

このようにサラリーマンは楽天経済圏に移住することで多くのメリットを受けることが出来ます。

※楽天経済圏以外の経済圏がおトクになったらそちらも紹介します。

※わたしは現時点(2021年7月1日)では楽天経済圏が最適な経済圏だと考えています。

楽天経済圏のメリット・デメリット

〇 メリット

普段の生活でポイントがたまる。

ポイントをまとめやすい。

使えるお店が多い。

実店舗から楽天市場にすることで買い物に行かなくてよくなる。

× デメリット

他のポイントがたまらない。

制度の改変が多いので情報を追うのが疲れる。

ショップがたくさんあり選ぶのが大変。

デメリットを差し引いても楽天経済圏のメリットは十分にありますので、導入を検討してみてください。

導入は無料できますし、登録できるまで時間がかかるのですぐに始めることをオススメします。

特に時間がないけど、お得に生活したいサラリーマンにはオススメです。

1番得する楽天経済圏への移住(登録)方法

楽天経済圏は移住(登録)方法によりもらえるポイントに大きな差が出ますので登録前にこの記事を読んで予習しておきましょう。

今現在、わたしが最適だと思う方法がこれです。

最初のステップ
  1. 楽天会員に登録する。
  2. 楽天ポイントクラブに登録する。
  3. 楽天ポイントクラブでスタートボーナスチャンスに登録する。
  4. ポイントサイト(ハピタス)に登録する。
  5. ポイントサイト経由で楽天カードを登録する。

最初のステップが終わったら楽天カードが手元に届くまで1週間ほど待ちましょう。

楽天カードがある状態で登録するほうがいろいろ(ちょっと)お得になります。

わたしは実際に楽天カードを待ちましたが、悲しいことにあまりお得なキャンペーンはありませんでした。

そんなに待てないって人は、楽天銀行口座開設と楽天カード登録を同時にしましょう。

楽天銀行カードは楽天カードより届くのに時間がかかります。

次のステップ
  1. 楽天クレジットカードの会員サイト(楽天e-NAVI)へ登録+キャンペーンに応募。
  2. ポイントサイト経由で楽天銀行を開設する。
  3. ポイントサイト経由で楽天アプリを通過して楽天市場で買い物。

最後のステップは急いでやることはありません。

楽天経済圏を使ってみてよかったら乗り換えを検討してみてください。

最後のステップ
  1. ポイントサイト経由で楽天証券を開設する。
  2. ポイントサイト経由で楽天サービスアプリのダウンロード。
  3. ポイントサイト経由で楽天モバイルへ乗り換え。
  4. ポイントサイト経由で楽天電気に乗り換え。
  5. ポイントサイト経由で楽天ガスに乗り換え。(対象エリア限定)
  6. ポイントサイト経由で楽天ひかりに乗り換え。

では、登録の仕方からくわしく解説していきます。

実際にわたしが登録した時のタイムスケジュール

楽天カード作成(1時間)→到着待ち(6日間)→楽天カードの登録、キャンペーンの登録、楽天銀行申し込み(1時間)→楽天銀行到着待ち(9日間)

これを見るとわかるように楽天銀行の登録に時間がかかりますので、なるべく早く登録したほうがいいことがわかりました。

楽天経済圏への移住登録方法

最初は楽天カードの登録をしていきましょう。

では最初のステップから説明していきます。

1.楽天会員に登録する。

楽天サイトより引用

『楽天会員に登録する』をクリックして必要事項を記入するだけです。

楽天会員に登録することでポイントが貯められるようになるます。

ポイントを貯めるタンクの役割りです。

2.楽天ポイントクラブに登録

楽天ポイントクラブに登録すると、貯まったポイントを見られるようになります。

これで楽天ポイントをためるためのタンクとのぞき窓が設置できました。

これでポイントを貯めるための準備が整いました。

次からはポイントをたくさんもらうための準備をしていきます。

3.楽天会員スタートポイントアップキャンペーンに登録

楽天ポイント会員のサイトからスタートアップキャンペーンに応募します。

これで、楽天カード、楽天証券などに新規登録することで、スタートアップキャンペーンで1件あたり1,000ポイント~26,000ポイントがもらえるようになります。

楽天サイトより引用

スタートアップキャンペーンはクリックするだけでエントリーできるので最初にエントリーしてポイントをゲットできる状態にしましょう。

ほかにもいろいろやキャンペーンがありますのでエントリーだけ済ませてしまいましょう。

4.ポイントサイト(ハピタス)に登録する

次にポイントサイトに登録します。

ポイントサイトとは?

ポイントサイトとは、経由することでポイントがたまるサイトのことです。

ポイントサイトは、広告で収益を得ているビジネスになり、経由先のサイトから広告費をもらっているため、その一部をポイントとして還元してくれます。

決して怪しくはないのですが、大手以外ではポイントが付かなかったりと注意が必要です。

ポイントサイトには、ハピタス、もっピー、ちょびリッチなどかあります。

わたしのオススメはポイントサイトの老舗であり、交換手数料無料、交換最低金額が低い、案件が多いため、『ハピタス』です。

下の リンク からサイトにアクセスして新規登録をクリックしてください。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

必要事項を入力するだけなので難しいこともなく、10分くらいで登録は完了します。

5.ハピタス経由で楽天カードを申し込みする

最初のステップの最後の工程は、ハピタス経由で楽天カードへの申し込みになります。

ハピタスでは楽天カードを新規申し込みの方にポイント還元するプログラムがあります。

わたしが申し込んだ時は、

500pt → 6,000pt になっていました。

この記事を書いている今(2021/7/16)は10,000ptとなっています。

タイミングを見すぎると始められないので、5,000pt以上だったら始めてしまいましょう。

機会ロスは時間を失うことなので、ある程度の折り合いをつける必要があります。

ポイントサイト経由で楽天カードを申し込んだら、カードが届くまでしばらく待ちましょう。

2-1.楽天クレジットカードの会員サイト(e-NAVI)に登録+キャンペーンに登録

楽天クレジットカードが手元に届いたらまずは楽天クレジットカードの会員登録(e-NAVI)をしてしまいましょう。

なぜかと言うと、クレジットカードのキャンペーンに登録するためです。

クレジットカードでもキャンペーンがあるため登録しないで始めるとちょっと損です。

登録の仕方は楽天クレジットカードのサイトの右上ログインのアイコンから、各種情報を入力するだけなので5分もあれば終わります。

クレジットカード番号を入力するので手元に用意しておきましょう。

※【裏話】でも、わたしが始めた2021/7/16にはあまりいいスタートアップキャンペーンはやっていなかったので、すぐに始めてしまえばよかったです。

2-2.ポイントサイト経由で各種サービスに申し込む

楽天クレジットカードが届いたら各種サービスの申し込みをしていきます。

なぜクレジットカードが来てからかといいますと、クレジットカードと各種サービスをヒモ付けしないといけないからです。

実は、ヒモ付けにクレジットカード番号などが必要になるため、到着を待つ必要があったんですよね。

ポイントサイト経由で楽天銀行を開設する

やっとになりますが楽天銀行を開設して行きましょう。

まずはハピタスのサイトから楽天銀行を検索して『ポイントを貯める』を選びます。

次は楽天銀行のサイトから新規口座開設をクリックして各種情報を入力していきます。

注意点があります。

楽天銀行のクレジットカードは作ってはだめです!

楽天カードが作れなくなりますので、要注意です。

楽天銀行デビットカードのほうを作ってください。

楽天銀行の申し込みが完了すると、本人確認書類の提出→開設の案内待ちとなります。

開設の案内はだいたい1週刊ほどのようですがわたしは祝日がからんだので9日ほどかかりました。

前にも書きましたが、クレジットカードより時間がかかりますので、急いでいる人はなるべく早く申請した方がいいと思います。

これでやっと楽天経済圏への移住が完了しました。

次は楽天経済圏でのお得な買い物方法について解説していきます。

ポイントサイト経由で楽天アプリを通過して楽天市場で買い物

後はポイントサイトを経由して楽天アプリに入り、楽天市場で買い物をすればOKです。

これで、楽天ポイントとハピタスポイントの二重取りができます。

3-1やったらさらにお得だけど、手間がかかるので後でもいい案件

  1. ポイントサイト経由で楽天証券を開設する。
  2. ポイントサイト経由で楽天サービスアプリのダウンロード。
  3. ポイントサイト経由で楽天モバイルへ乗り換え。
  4. ポイントサイト経由で楽天電気に乗り換え。
  5. ポイントサイト経由で楽天ガスに乗り換え。(対象エリア限定)
  6. ポイントサイト経由で楽天ひかりに乗り換え。

これらはやったほうがお得ですが、どれも少し時間がかかります。

楽天経済圏を体験してよりお得を求めるときに登録してはどうでしょうか?

オススメは

楽天証券がオススメです。

クレジットカード払いで楽天証券で株を購入しても1%ポイントがもらえます。

上限が500ポイントなので、5万円投資をすると500円もらえることになりかなりお得です。

しかもSPU(ポイントアップ条件)になっているので他の買い物のポイントもたまりやすくなります。

まとめ

両学長がいつも言っていますが、

今日が一番若い日です。

リベラルアーツ大学 両学長

この記事を読んで少しでもお得だな、自分もお得に生活したいなと思ったら行動してください。

未来を変える方法は簡単で、いつもと違うことをすることです。

今の生活を変えたいなら今と違った行動することがオススメです。

楽天経済圏への移住は経済的自由への入り口になりえます。

稼いだお金を守ることで経済的自由の基盤を築いていきましょう。

役立つ動画

第6回 【楽天経済圏初心者さん向け】順番を変えるだけで34000ポイント以上GETも可能!移行するお得な手順(作り方)を徹底解説

わたしが参考にしたサイトさんです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事があなたのお役にたったなら幸いです。

ご不明な点がありましたら、お答えしますので お問い合わせ か twitter にて質問してください。

タイトルとURLをコピーしました