【2020年】少額ウィスキー投資やってみた【21/1/2更新】

副業

【2020年】実際に少額ウイスキー投資やってブログで解説してみた【ニッカ竹鶴】

こんにちは、アルコールに弱いのにお酒が好きな『いち』です。

特に好きなのがウイスキーと日本酒です

この2つのお酒はストーリーが魅力的なので応援したくなるんですよね

今回は、そんな私が実際にチャレンジしたウイスキー投資について紹介していきます

今回はこんな疑問を解決していきます

実際ウイスキー投資って儲かるの?

実際にどうやったの?

お金はどれくらいかかった?



ではいきましょう。

ウイスキー投資【実際の収益】

ではまずはみなさんが気になっている収益についてお話していきます。

52日目の収益について

では、数字上どうなっているかを見ていきましょう。

投資金額 5,774円 (20/5/22)

今の相場 7,480円 (20/7/13)

   計 1,706円(129%)

これで利益確定(売却)したら1706円儲かりますね

これ+送料です

実際は、送料、手数料などがかかるのでもう少し利益率は下がりますが、とりあえずプラスになっています。

もしこのアイテムを10本購入していれば、17,060円の利益です。

どうですか?少しは魅力的に思えてきましたか?

価格をたまに追記していきます (21/8/25追記)

2020年

5/22 5,774円

7/13 7,480円(1.29倍)

11/8 7,950円(1.38倍)

12/26 8,980円(1.55倍)

2021年

4/16 8,890円

6/25   9,050円

8/20 9,980円

始めて2ヶ月で1700円の値上がりだったのが半年で3,000円値段が上がっています。

初めて1年2ヶ月では、9,900円となっており、4,000円の値上がりとなっています。

アマゾン内で在庫が少なくなればこれからどんどん値上がりを期待できます(すごい在庫抱えてますね、1年2ヶ月たってもまだなくなってないです)

育てーわたしのウイスキー。

2020年5月22日から12月26日で3,206円の値上がりです。

単品で3,000円、10本買っていれば30,000円半年で労働ほぼなしで稼げる金額としては悪くないんじゃないですか?

実際のウイスキー投資の手順

では次に実際に私が行った方法をお話していきます。

  1. 選ぶ <根拠は?>
  2. 買う <どこで?>
  3. 保管 <自慢>
  4. 消費 <売る・飲む>

ではステップ毎に説明していきます。

選ぶ <根拠は?>

まずはなにを買うかを決めていきます。

私がなにを考えて買ったかというと、

カテゴリ>ジャパニーズウイスキー

世界で注目されているジャパニーズウイスキーからニッカウヰスキーの竹鶴をを選びました

世界にはたくさんの有名なウイスキーがあります。

その中でも今需要が増えているのがジャパニーズウイスキーになります。

ウイスキーは需要が増えたからと言ってすぐには生産を増やせない商品ですので、需要と供給のギャップが生じやすいです。

メーカー>ニッカウヰスキー

実際に飲み比べてみておいしいので、もし売れなくても後悔しないと考えて選びました。

ニッカウヰスキー以外には、サントリー、秩父蒸留所などいろいろなメーカーがあります。

ブランド>竹鶴

2020年で竹鶴が終売とのニュースがあったので、希少価値が上がると思って選びました。

本当は竹鶴17年や竹鶴25年の方が価値が高いのでオススメ(売ってない)

エイジング(熟成年月)>ノンエイジング

そもそもプレミア価格がひどく、他を買える状態ではなかったです。

その他>付属品

今回はAmazonでギフト用の箱付を選びました。

ウイスキーは高級品なので付加価値が付くものは積極的に付けた方がいいと思います。

実際購入時は200円差くらいでしたが今(20/11/09)は若干プレミアが乗って500円差になっています。

このようなことを根拠に竹鶴を選びました。

ウイスキーの選び方などはこちらの記事に詳しく書いていますので興味があればどうぞ。

買う <どこで?>

まずは買わないと始まらないので、次はどこで買おうかを考えました。

実店舗>ドンキ、酒屋、ドラッグストア、イオン

そもそも置いていませんでした(T-T)

東北方面のイオン系スーパーで置いてあるのをYouTubeで見ましたので、探してみたら意外とあるのかもしれません。

実店舗で買えるとプレミア価格じゃないのでかなりお安く購入できるはずです。

機会があったら近くのお店をのぞいてみてください。

思わぬ掘り出し物があるかも知れませんよ?

ネット>Amazon

実店舗で探しても見つからないので、結局Amazonで買うことに決めました。

若干プレミアがつきますが、梱包状態で送られてくるので保管もらくちんです。

保管 <自慢>

私のウイスキーも今は保管中です。

こんな感じで保管しています。

Amazonで購入すると箱があるので保管も楽チンです。

消費 <売る・飲む>

これはまだ先の話ですが、

出口戦略を最初から決めておくことは投資においてとても重要です。

売る> 

金額がいくらになったら売るかを決めました。

その金額が、 10倍の 57,740円/本です。

たぶん無理だと思います、けどいいんです理由は↓

飲む

正直、愛着がわいているので、なにかのタイミングで飲もうと思っています。

 お祝いとか、夢が叶ったときとか、今から楽しみです。

話のネタになる

家にウイスキーを寝かせとく人ってたぶんあんまりいないですよね?

5000円でレアな存在になれるってそもそもすごいですよね。

ウイスキー投資の失敗談

今回のウイスキー投資で何個か改善点があるので共有していきます。

①相場が高いときに始めてしまった

相場が高いときに買うのは、価格的にも選択肢的にもよくないです。

できれば下がるのを待ちましょう。

②竹鶴の終売→限定竹鶴の再版

購入してすぐに、まさかの竹鶴の再版が決まりました。

再版品も店で定価で買えればよかったのですが出会えず、これからも様子を見ていきます。

ウイスキー投資の体験談についてまとめ

今回は実際に私がやったウイスキー投資の体験談について書いていきました。

まとめると、

ウイスキー投資の体験談まとめ

価値はじょじょに上がっている。

おもしろい体験ができた。

結果、すごいおもしろいし、よかった。

飲み会の席とかでみんなに話したい!うちのウィスキーを自慢したい。

今現在は利益が出たわけではないのですが、すでに1つ成果がでているものが『体験』です。

あなたもぜひ自慢をしてみてください。

『実はさ、うち限定のウイスキーあるんだよね』

『うちにウイスキーを保管して熟成させているんだ』

『やっぱり価値のあるものを買わないとさ』

『レアなウィスキーがあってさ、値上がりしちゃうから飲むタイミング逃しちゃって』

私もこの体験をブログに書けてみなさんと共有できたので十分な成果が出たと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事があなたのお役にたったなら幸いです。

ご不明な点がありましたら、お答えしますので twitter か お問い合わせ にて質問してください。

関連記事: ウイスキー投資全般について知りたいかたはこちら↓の記事をどうぞ

あなたもウイスキーを育てて見ませんか?

ウイスキー投資の基礎知識については、こちら↓

なんでもの投資をするのか?、はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました